伊豆で釣りしませんか!


菖蒲沢でメッキ入れ食い
 8月末に職場で菖蒲沢へキャンプに行った。
毎年行っている恒例の一泊二日のレクレーションである。
現地へ着くなり釣りポイントを探すのが私のクセである。
昼食前に現地調査!
海に向かって左先端には大勢の釣り人の姿が見える。
右先端には人影は見えないが岩場がある。
メジナが釣れそうな雰囲気がするので行ってみた。
二人の釣人がいてワカシが釣れていた。
まだ十分入るスペースはある。
午後からの釣り場決定!

昼食後すぐに出かける。
第一投目からワカシが釣れてきた。
魚が岸に寄っているのである。
続けてシマアジが釣れてきた!
シマアジは見たことも無かったがその魚の雰囲気がシマアジに似ていた。
ワカシは25cm前後、シマアジ(メッキ)は20cm前後であった。

魚が釣れているという噂を聞きつけて職場の連中が集まってきた。
よく釣れるので竿を振ったことの無い人も「一匹釣らせろ」と竿を出した。
夕方まで入れ食いが続き楽しいレクレーションが出来た。
一匹だけ大きいメッキが釣れたのが印象に残っている。
27〜28cm位あった。
このとき使ったエサはオキアミである。

夕食兼宴会が終ったのは8:00頃であった。
酔っ払っていても釣竿を持つとすぐシャキッとなる。
釣りの好きな小池氏と夜釣りに出かけることにした。
昼間よく釣れた長磯で竿を出す。
ポツポツとイサキが釣れてきたが10:00を過ぎると釣れなくなった。
その後はアジが一匹釣れただけである。
2:00頃まで釣っていたが眠たくなって朝までその場で寝てしまった。

目が覚めた時にはすでに太陽が上がっていた。
朝まずめ竿を出すと早速ワカシが姿をみせた。
ワカシはもういいや…ということで民宿に帰って朝飯を食べることにした。
民宿に帰ると36〜38cm位ある大きなイサキが釣り上げられていた。
昨夜この入間荘の目の前で竿を出したら釣れたというのである。
釣ったのは釣りは全く素人の沖永氏であった。
コマセも撒かずによくこんな大物が釣れたなと関心してしまった。
入間は本当に魚影が濃い所であった。



白浜の地磯でイサキが入れ食い
 8月末に職場で白浜に海水浴に行った。
毎年行っている恒例の一泊二日のレクレーションである。
白浜は海底が大きな石で敷き詰められた遠浅の海だった。
水はきれいで底の岩までよく見えた。
魚の姿が見えない…

昼食は海岸でバーベキューである。
酒が好きな人は夕方まで鉄板の前に腰を据える。
素潜りでタコを捕まえてきたのは桃井氏であった。
和歌山の漁師の倅だそうだがこういう時は貴重な存在となる。
タコは早速鉄板の上に乗せられてしまった。

腹ごなしを兼ねて夜に竿を出すポイントを探しに出かける
白浜漁港とか板戸の堤防とか呼ばれる所に行って見る。
堤防の先端で二人が竿を出していた。
先端まで行くにはテトラを渡らねばならず夜はキケンである。
足場が良くて釣れそうな所を探した結果…
海に向かって一番右手にある小磯が良いように見えた。

夜8:00夕食兼宴会が終るとすぐ出かけた。
何時ものカゴ仕掛けを投入すると第一投目からイサキがきた。
多分イサキが釣れるだろうと思っていたがビックリしてしまった。
タナは1.5mでウキから鈎まで2.5mである。
イサキは入れ食いで釣れてきた。

海岸での花火大会を終えて釣り好きの水野氏が現れた。
水野氏も竿を入れるとすぐに釣れてきた。
そのうち若い地元の釣り人がやってきて3人で竿を出した。
しかし10:30頃になると魚の姿が見えなくなってしまった。
地元の人によるとここは釣れても夜12:00までのポイントらしい。
クーラーもほぼ満タンになっていたので気持ちよく竿を納めた。
民宿に帰ると皆起きていてトランプやマージャンをやっていた。
一風呂浴びて釣りの疲れを癒すことにした。



雲見港のクロダイポイント
 8月末に職場で雲見に海水浴に行った。
恒例の一泊二日のレクレーションである。
雲見には4〜5年前にも来ており2回目である。
前回の釣りは忘れられない思い出となっている。

夜宴会後、同僚と港内でクロダイを狙った。
10:00頃までは打ち上げ花火がうるさい。
魚もビックリして寄りつかないだろう。
コマセはサナギでツケエサにはサナギとオキアミを使った。
釣り場は海に向かって右の小道に入ってすぐの所である。
道の上から竿を出し足元を釣った。

花火の音が途絶えた頃電気ウキが入った。
タモ入れしてもらい上がってきたのは30cm弱の本命であった。
翌朝釣りをした場所に散歩に出た。
どういう場所で釣っていたのか気になったのである。
すると昨日釣った所にカイズが一匹泳いでいるではないか。
まだ底にコマセが残っているのだろう。
底は岩で水深2mくらい、窪みがあって足下が溝状に深くなっていた。
こういう事があったので今回も期待が持てるのである。

夜、宴会が終ると早速出かけた。
今回は宣伝が行き届いているので4〜5人が竿を持って来ている。
前回釣果のあった場所でコマセをまく。
海岸で上げる打ち上げ花火が海面を照らす。
1時間位ねばったが釣れる様子がない。
他の場所で竿を出してみようと思い40〜50m先へ一人移動する。

やがて花火も終って静かになった頃、「釣れたぞー」と雄たけびが上がった。
すぐ駈け付けてみると本当に釣れている。
それも大きい、後で測ったら38cmあった。
釣り上げたのは原氏で普段釣りはしない。
竿から仕掛けまで私の予備を一式貸しているのだ…

釣り場に戻りコマセを打つ手に力が入る。
やがてまた「釣れたぞー」という声が聞こえてくる。
「うそだろー」と声を返すがどうも本当らしい。
駈け寄っていくと今度はレクレーションでしか竿を振らない寺元氏である。
30cm弱のカイズであった。
皆が釣っている場所で私も竿を出す事にしたがその後は釣れなかった。
クロダイ釣りはやはりポイント選びが第一だと感じさせられた。



宇久須堤防のマダイ釣り
 8月末に職場で宇久須にキャンプに行った。
恒例の一泊二日のレクレーションである。
昼食後民宿から距離はあるが沖の堤防
まで出かけた。
テトラの上に釣り人が並びカゴを投げていた。

一人の釣り人が魚を釣り上げたので見に行くとマダイである。
なぬ!マダイが釣れるのか。
クーラーの中には20〜25cm位のマダイが3匹入っていた。
反転カゴを付けたカゴ仕掛けでコマセはオキアミのようだった。
メジナ仕掛けを持っていたので投げてみたが釣れなかった。

準備不足なのでカサゴ仕掛けで遊んで時間を潰した。
帰りにエサ屋で夜釣りのコマセを買う時地元の釣り人の声が耳に入った。
半月前はマダイがクーラー半分釣れていたというのである。
話半分としても良く釣れていたのだろう。

宴会後8:00すぎに民宿に近い堤防でカゴ釣りをすることにした。
堤防に先行者が一人いると思ったら釣りが好きな水野氏であった。
胸にボトルを隠しており朝まで釣るからコレはダメと抱きしめていた。
釣り初めてすぐに寺元氏にアタリがあり小型のマダイが釣れた。

続いて私のウキも消し込み、合わせると強烈なヒキだった。
慎重に足元まで寄せてきたがそれからビクリともしなくなった。
見物にきた同僚たちが何なのか早くみたい様子だが動かない
やっと動き出してタモ入れしてもらったのは大きなエイだった。
毒針に刺されないように即リリース。
そして次のアタリも同じサイズのエイだった。
ここの釣り場はどうなっているのだ!

11:00頃一晩中釣るという水野氏に付き合って沖の堤防に移動。
堤防の付け根にある小磯で竿を出す。
深夜に水野氏に30cmくらいのイスズミが来ただけで収穫はなかった。
民宿には帰らず空が明るくなるまで釣って堤防で寝てしまった。



松崎港でカイズ入れ食い
 7月に松崎港へキャンプの下見に行った。
8月末に職場で毎年一泊二日のキャンプをしているのである。
レク委員の行動を嗅ぎつけ私は釣りの下見で同行することにした。
民宿は松崎に泊まることになったのでベンテン島に近い所にしてもらった。
ベンテン島はどうも釣れるらしい…のである。

昼間若い人達は海水浴をするらしい。
私は早速、予備知識を入れてきたポイントで竿を出す。
昼間からカイズが釣れてきた。
夕食後また竿を出そうと出かけたが満潮で川が溢れ磯まで行けない。
川で竿を出したが釣れそうになかったので翌朝にかけることにした。

翌朝皆がまだ寝静まっている中、部屋を抜け出し釣り場へ向かう。
磯でひときわ目立つ大きな岩の上が釣り場だ。
水深は2m位だろうか。
コマセを撒き竿を入れると同時にカイズが釣れてきた。
サラシの下に時々魚影が見える。
赤土入りのコマセにイセアマ3号の小鈎、ツケエサはサナギ1/4個である。

入れ食い状態で4〜5匹釣った所で地元のじいさんがやってきた。
岩の上に上がって来て私の後ろで竿を出したが釣れないようだ。
私が1〜2匹追加した所で文句をつけてきた。
その場所は何時も自分が竿を出している所だから代われと言うのである。
頭に来たがケンカしても始まらないので代わってやった。

釣れない場所にコマセをドッと入れるとカイズが釣れてきた。
距離は2mも離れていないのでコマセを撒けば寄ってくるのである。
じいさんも私のコマセで1匹釣り上げたのを確認。
朝食の時間が気になっていたのでここで2匹追加して竿を納めた。
民宿に帰ってクーラーを開けて見せると釣果にビックリしていた。
本当の朝飯前だった。



外浦港はキス釣りの穴場
 6〜7月にかけて外浦によくイサキを釣りに出かけた。
釣りの先輩である西野氏、安斉氏に連れて行ってもらったのだ。
湘南を朝発つと11:00頃外浦に着く。
夜釣りの渡船は15:00頃からなのでそれまで時間があく。
昼寝をするか投げ釣りしか手が無い。

という訳で西野氏が一度竿を出したらキスがよく釣れてきた。
それからここに来る時はムシエサも持参することにしたのだ。
磯竿に10〜15号のテンビンを付けて市販の安いキス仕掛けを結ぶ。
所々に根があるが遠浅の砂浜である。
根の周りに良型のキスが着いているようだ。

外浦港の堤防から竿を出している時、西野氏にマゴチが掛かってきた。
良型で50cm位あったのではなかろうか。
魚の顔を見てから、あわててタモを組立て無事にゲットした。
後日、雑誌で外浦はキス釣りの穴場であるという記事を目にした…





らくがき帖へ戻る HOMEへ戻る